電話

090-1393-4925

メール

sattvayogashala2020@gmail.com

スタジオ住所

兵庫県芦屋市宮川町7-18 2階

ナマステ〜、寒くて着込むより、暑くて脱ぐ方が断然好きなSattvaーKenです。
一年の2/3は上半身裸で生活することが多いですが、やっぱり冬は着込んで肩周りが硬くなりやすいですよね。
それなら一層のことダブル・チャトランガで、より強くしなやかな筋肉をつける季節にしましょうか。

さて、本日は節分の日ですね。即席で鬼とヨギーを合わせたらこんな風になりました。

季節を分けると書いて”節分”というだけに、明日は立春ですね。
最近は陽も長くなってきて、いよいよ冬の終わりを感じます。
普段から意識的に空を見上げて、自然の中に身を置いて四季を感じるようにしてます。

コロナ禍での制限によって、世間のストレスが一層高まっているように感じますが、そんな時こそ大空を眺めると、自然と気持ちも収まっていきます。

そんな中でもSattvaYogaShalaは常に明るく笑顔が絶えない空間ですが、曼荼羅アートWSは特に楽しみな企画です。
私は真似て描くような”技術”はある方ですが、0(ゼロ)から1の創造性は乏しいと自覚してます。
それでも講師が0から描き方を教えてくれるので、ご安心を。
講師のemilija_mandala(エミリちゃん)とは、長年のインドの旅仲間で、共にヨーガに励んだ仲です。
彼女は半年間はインドで過ごし、残りの半年は石垣島で南インド料理のカフェもやっているので、またタイミングが合えばカレーWSでもお呼びしたいと思います。
今回の曼荼羅アートWSも大変レアなイベントですので、是非この機会をお見逃しなくです。
現在のところ、13日、14日、どちらもまだ空席がありますが、日曜日の方が埋まりつつあります。ご予約はお早めにどうぞ。

コロナ禍でも元気に前向きで、気持ちに余裕を持って日々を過ごしていきたいですね。

おすすめ記事