電話

090-1393-4925

メール

sattvayogashala2020@gmail.com

スタジオ住所

兵庫県芦屋市宮川町7-18 2階

今日は私自身の昔話をしたいと思います。

ヨーガに出会うまで。。。と言っても、どこまで遡れば良いのやら。自己分析すると、昔から不器用でありながら、一つのことに集中して、納得がいくまでとことんやり込む性格だったと思います。

時はぐーーんと遡って、小学生時代、寝る前に世界地図を広げて、世界の国、場所、首都を覚える子。当時の夢はサッカー選手になること。
ある日サッカーの練習中に、コーチのシュートを至近距離で顔面にうけ、目から出血し、網膜剥離になります。その後の治療で視力は回復したものの、もうサッカー選手を志すことが出来なくなります。

中学に入って、陸上部に入ったが、サッカーほどの情熱もなく、これといった目標も夢も見つからず、人一倍あるエナジーを持て余していました。

高校に入って、クラスの半数以上がスポーツ特待生で部活動に励む中、ガラの悪い友達と学校を抜け出して遊ぶようになっていた一年生の夏、BMX(クルクル回ったりトリックをする小さな自転車)に出会う。
サッカー以来の私のパッションが点火され、毎日夜中までBMXの練習をして、プロになりたいと夢見るようになる。

高校卒業後は大学へは行かず、地元の企業に勤めながら相変わらずのBMXに明け暮れる日々。
十代最後の年、当時の私のカルチャーの中心アメリカへ、有給一ヶ月をもらい、歯ブラシと現金50万円を持って、一人旅に行く。
初めての海外旅行で見るもの、感じるもの全てが新鮮で、外の世界には自分の知らないことが満ち溢れていると思った。
帰国後もサラリーマンBMXライダーを続けながら、上司に白い目で見られつつも、毎年のように有給休暇をとって、アメリカや東南アジアへと足を運ぶ。

会社勤めを続けて、結婚して家を購入して、家族を持って養うという一般的な幸せ!?が、自分には無いことを悟り、勤続5年で退社、2007年オーストラリアへワーキングホリデーにBMXを持って渡豪。

オーストラリア滞在中に想いが詰まったBMXが盗まれる。BMXロストの傷を新しいBMXを買って癒す。その一ヶ月後、またしても盗難に遭う。

無理矢理BMXから引き離されたような感覚になり、夢も希望も失い、情熱を注ぐ「何か」を求めて、オーストラリアから南米へ世界一周バックパッカーの旅に出る。

ブラジルの古都サルバドールにて、以前から興味があったカポエラに出会う。これが自分が探していたものかもしれないと思い、世界中に支部があるカポエラの流派の総本山「FICA BAHIA」の道場に通う。
が、身体が硬すぎて思うように動かせず、道場仲間にストレッチがてらヨーガを教えてもらう。
(その当時、ヨーガ始めて三ヶ月の道場仲間に、簡単なアーサナ、呼吸法、瞑想、合わせて90分ほどのなんちゃってヨーガを習ったのが始まり。)
同時期、自然な成り行きで菜食生活になる。

南米を離れ、ヨーロッパへ行った先でもカポエラとヨーガの練習を毎日欠かさず行う中、場所を問わず一人でも続けられるヨーガだけが、生活の奥深くに馴染み、身体だけではなく、心の変化を感じ、もっとヨーガについて知りたい、インドに行きたいと思うようになる。

ヨーロッパから中東、エジプトなどを経由して、2009年末、初めてインドの地を踏む。
ヨーガアシュラムに滞在して、ヨーガ浸けの日々。ヴィパッサナー瞑想にも出会い、生まれ変わったような体験をし、ヨーガ行者として歩むことを決意する。

2011年、当時の師匠の下、ヨーガ布教家として、指導者の道が始まる。

2014年、母国日本に帰国。2015年大阪のスタジオにて、マイソールティーチャーを始め、バイトも合わせて毎日20時間の労働を2年間続けた後に、2016年、舞台を芦屋に移してSamaYogaShalaを設立。

2018年、生きた大聖者ヨグマタ・ケイコ・ババジに出会い、師事する。

2020年、ヨーガの道で、マスターのもと”出家”することを決意し、SamaYogaShalaをパートナーに譲り、SattvaYogaShalaをオープンする。

以上、ザァーっと箇条書みたいなプロフィールになりましたが、今に至ります。

出家は?の質問が聞こえてきそうですが、そのタイミングは神のみぞ知るってとこでしょうか。
Sattvaをオープンさせた今、これも一つの出家の形なのかなと思っています。
何よりも、こんな私の指導を受けに来てくれる生徒さんがいることが、私の責任でもあり、今やるべきカルマだと信じています。
そして、”出家”することを決断したことが、私の中での”出家”であり、その気持ちはこれからも変わることはありません。

これからも無私の心と利他の精神、執着や見返りを期待しない行為で、この素晴らしいヨーガの真理を、一人でも多くの人に伝えていければと思っています。

以上、長々と私の過去の話にお付き合いいただき、ありがとうございました。
バックパッカー時代に感じたことや、インドで体験したこと、マスターとの出会いなど、また別の機会で詳しく書かせてもらいます。

PS:トップ写真はヨーガに出会う前の2008年オーストラリアにて。最後の写真は2010年インド・ビートルズアシュラムにて。

おすすめ記事