電話

090-1393-4925

メール

sattvayogashala2020@gmail.com

スタジオ住所

兵庫県芦屋市宮川町7-18 2階

ナマステ〜、インドで本物のサソリを見たことがあるSattva-Kenです。
インドのダラムサラで滞在していた宿の自分の部屋にサソリが出ました。しかも家族で。
いつものように地べたに置いてある座布に座ろうと思ったら、その横から出てきました。最初は驚きましたが見ていると意外と愛らしいもので、その後1週間くらいは部屋の中を徘徊してました。

さて、本日はそのサソリのポーズ(Vrischikasana)のご紹介をします。
ヴリスチカーサナよりスコーピオンの方が認知度はありますね。こちらのポーズはアシュタンガヨガでは4thシリーズに登場する難易度の高いポーズです。

足先が頭に届くまでには後屈が柔らかくないと出来ませんが、正しい指導者の下で練習すればすぐにバランスは出来るようになります。
そしてこのポーズは逆転の効果と後屈の効果が同時に得られます。

逆転することが身体にも心にもとても良い影響を与えることは以前の記事でも紹介しました。
血流もプラーナ(内的な生命エネルギー)も高い方から低い方へと流れます。それを単純にひっくり返すことで血流もプラーナも全身に廻ります。
一日30分しても足りないですが、もちろんbetter than nothingです。

後屈が与える身体と心の効果も以前の記事で紹介してますが、腰痛がある人こそ後屈(特に背筋を鍛える後屈)をした方が改善されるケースは多いです。
このアーサナでの後屈は、逆転することで腰にかかる負担も逆転させ、そこから後屈させるのでその効果は倍増します。

そんな一石二鳥のお得なアーサナ、買いでしょ!?
皆さんもご存知の通り、Sattva-Kenの十八番です。

そして逆転(頭)と後屈(足)が出会うlast frontier、それはこの世界が一つになったステージです。
これまで倒れまいと必死にバランスをとっていたことや、首から足まで後屈で目一杯伸ばしてきた努力も、両者が出会うことで止みます。
そこでは、身体と心の束縛から離れ、ただ”チャクラ”(ホイール、車輪、エネルギーが渦巻くポイント)として存在するのみです。

そんな至福の喜びを皆さんと共有するため、バックベンドのクラスの最終課題として練習してます。
Sattvaオープンから頑張ってバックベンドに通われている生徒さんは、早くも自力でバランスを取るとこまできてます。
Sattvaのカルマも少しづつ実になってきてます。
幸運なことに、こうして指導させてもらってる中で、生徒さんの成長が自身の成長であり、喜びです。
ヨーガを続けてきて本当に良かったと思えます。
SattvaYogaShalaでは、その幸せをこれからも多くの人と分かち合い広めていきたいと思っています。
いつの日か大きな幸せの木となり、世界中にその愛と幸福が広まりますように。


この子がうちの子。


スコーピオンが安いヨォ!

おすすめ記事