電話

090-1393-4925

メール

sattvayogashala2020@gmail.com

スタジオ住所

兵庫県芦屋市宮川町7-18 2階

ナマステ〜

朝晩の風が冷たくなってきました。
皆さんはもう衣替えはお済みですか?衣替えするほどの物もありませんが、気分は衣替えして、腹巻きをするようになりました。お腹を冷やしてはいけないのは、男女共通なのです。

早速ですが、ヨガティーチャーは普段どんな生活をしているのでしょう?
聞きたくても、プライベートな部分もあるから、なかなか聞きづらいと思っていたウォッチャーに、勝手にお答えします。

ということで今日は、ちょっとクセの”あるヨギの一日”をご紹介します。

2:00 起床 (このヨギーの朝はとにかく早い。夏の時期は2時前に起きることもしばしば。) 
      (お白湯を飲んで、排便を済ませる。)
2:15 朝の祈りと瞑想 (一日の中でもこの時間が一番好き。朝の静けさで瞑想が深まり、一日の活力がみなぎってきます。)

3:30 お茶 (朝はやっぱりコーヒー。でもマサラチャイも飲みたいってことで、マサラコーヒーを淹れて飲んでます。)
      (2回目の排便をして、出勤準備)
3:50 SattvaYogaShalaにて朝の祈りとクリヤと瞑想 (神を想い、Shalaを想い、生徒さんを想い、平和を願う。)

4:50 アーサナプラクティス (しっかり自分の身体と向き合い、対話する時間。)
(以前は、アーサナ中心のプラクティス内容だったが、少しずつプラーナヤーマや瞑想にシフトしていってます。)
6:00
 | マイソールクラス
10:00
10:30
| 午前のクラス
12:00

13:00 昼食 (以前に紹介した”ブッダボウル”を食べてます。)

14:00 家事 (掃除、洗濯、作り置き用の料理など、意外と家事は得意です。)

15:00 休憩 (普段は”何もしない”か読書したりして過ごしています。最近はこの記事を楽しく書いてます。)

16:30 SattvaYogaShalaにて夕方の祈りと瞑想 (この時間になると一日のカルマも蓄積されているのがわかる。沈んでいく太陽とともにそれらをリセットする。)
19:00 午後のクラス (無い日はそのまま帰宅する。)

21:30 帰宅 (シャワーをして、何もしないで時間を過ごす。この”何もしない”時間を大切にしています。自分からカルマを積まず、時間に縛られないように。)

22:30 愛と慈愛の瞑想をして就寝(午後のクラスが無い日は、”何もしない”時間が増えるか、就寝時間が早まるかになります。)
    今日も生きとし生けるものに生かされましたことを感謝して、神を愛し、Shalaを愛し、周りを愛し、平和を願う。

2:00 起床 (今日もこうして朝を迎えれたことに感謝して、一日が始まります。)

という風に日常が続いていきます。
自由を求めてこの生活に行き着いて、かれこれ長くなります。
近代社会では、富や名声、学問の知識を持つ人を評価し、祝福します。私にとっては、手放すこと、捨てること、失うことが祝福なのです。そうすることで、カルマが軽くなり、サマーディに近くことが出来ます。

SattvaYogaShalaでは、毎日そんな自由を体現してます。
Sattvaでは身分も関係なく、全員でヨーガを学び共有する場です。
日常の「私」に疲れている方も、Sattvaで我を忘れる時間を過ごしてみませんか?

PS:アーサナプラクティスをしていて、若い頃のようにはいかないって感じるようになってきました。あえて私の部屋にはテレビがなく、メディアの情報に疎くて、何かと古い話が出ますが、こう見えてまだまだ30代なんです。

おすすめ記事