電話

090-1393-4925

メール

sattvayogashala2020@gmail.com

スタジオ住所

兵庫県芦屋市宮川町7-18 2階

ナマステ〜、生捨て と言うけれど、なかなか捨てられないSattva-Kenです。
世界を旅して回ってた頃は、何か新たに物を買う時は、その分減らして常にバックパックの重さ(私の財産)は10kg前後に収めて、身軽に移動できるようにしてました。
それが一ヶ所に定住すると、もったいない精神で物は増えていきます。とは言えど、以前の記事にも書きましたが、私の「自由の法則」理論として、捨てれない、譲れない物は持たないことに心がけてます。
ウソだと思うなら、試しにおねだりしてみてね。貰ってくれてありがとう、自由にしてくれてありがとうの言葉と一緒に譲りますよ。ただし、その譲った物を大事にしてくれること前提でね。
所有物はいろんな意味で私達を拘束します。断捨離をするとスッキリした気分になるのはその為ですね。

さて、本日はSattva薬膳カレーWSのレポートと今後のWSについてお話しします。

Sattvaに移って初めてのカレー企画は皆さんの協力のもと、大成功!?で終わることが出来ました。
最後に片付けをしていたら、Shalaの片隅で寂しそうに出番を待つ大豆ミンチ君が。。。
ネギとキノコのカレーのために用意していたんですが、すっかり忘れてました。後日ミンチ君をベジそぼろとして使う約束をしました。
今回お渡ししたスパイスも、無くなったらいつでも補充しますので、言ってくださいね。
そして、キールもリベンジできた!?ので個人的には満足してます。
このようなスピンオフ企画を通じて、普段皆さんが感じていることや、今後のレッスンやWSの要望などを話し合い、次につなげる良い機会になっています。
今の状況に留まることなく、これからもSattvaYogaShalaは皆さんと共に進化していきます。

今回も改めて、我が子SattvaYogaShalaが皆さんのことを愛し愛されているなぁと実感させられる企画になりました。
Sattvaだけに純粋な生徒さんに恵まれ、こうして毎日ヨーガを続けられていることに感謝しかありません。
これからもSattvaらしくSattvaであるために、一途に、真っ直ぐに、正直に、誠実に、謙虚に続けていくことを、ここに誓います。

インド神話でも、神との誓いの契約を交わすことで神格なる力を得る話が出てきます。
たとえそれがアスラ(魔神、敵対者)であろうと、行為に対しての誓約を純粋に継続して行うことで、主神もその高徳を無視することが出来ず、それが神々の世界を脅かす存在になるとしても、特別な力を与えざるおえません。

それと同様にSattvaYogaShalaも、この場で誓いを立て、結果一人でも多くの人にヨーガの真理を伝える力を獲得するように努めます。

今後の展開といたしまして、来年度のスケジュールを見直し、初めての方がもっと安心して学べるビギナークラスも考えています。
他にはない唯一無二のSattvaYogaShalaとして常に全開で、来てくれた生徒さん全てにアジャストをしてあげたい気持ちが、場合によって重すぎる愛になることもあります。
それを理解した上で、一から学び育っていける環境を整えていきたいと思ってます。
また、そういった声を出せる雰囲気作りにも努めて参りますので、どうか気兼ねなくあなたの声をお聞かせください。

こうして指導者となった今も、毎日の練習は欠かさず、生徒としての気持ちを忘れたことはありません。
実際に私の方が生徒さんから学ぶことは多いです。
”大人は成長しない、成長するのは子供だけ”
そういう意味では永遠の学生ですね。

次回のWSは大晦日の太陽礼拝108回です。
こちらも、ヨギーの一大イベントですので、奮ってご参加ください。
約2時間の動く瞑想で、今年最後の学びと気づきを得ましょう。

そして来年1月か2月に、新たなワークショップ、”描く瞑想マンダラWS”も企画調整中です。
個々の中に広がるマンダラを表現する企画です。詳細は追って案内させていただきますので、当記事やSNSも引き続きチェックしてくださいね。

FaceBook:Sattva Yoga Shala2020
Instagram:SattvaYogaShala-KEN
HP:https://www.sattva-ken.com/
@659-0063 兵庫県芦屋市宮川町7-18 2階

クッキング風景。皆さんで楽しく美味しく頂きました。

来年開催予定の何とも楽しそうな企画!乞うご期待!

おすすめ記事